診療科目のご案内
当院について
・ご挨拶
・病院概要
診療科目のご案内
・呼吸器科
・循環器科
・消化器科
・リハビリテーション科
専門外来のご案内
・糖尿病専門外来
・肝臓専門外来
・心療内科
・睡眠時無呼吸症候群
地域医療連携室

求人情報

動画・掲載記事


dr

en

creation
呼吸リハビリテーション

息苦しさでお悩みの方へ

呼吸不全という障害をもちながらも、快適な日常生活や社会生活を過ごせるようにしましょう。
あなたの強い意志と実行力が何より大切です。


呼吸リハビリテーションプログラムとは

呼吸器の慢性的な病気をもつ方が、自らの病気の理解を深め、病気とつきあいながら生活する方法を身につけることを支援するものです。
呼吸リハビリテーションには、呼吸理学療法の他に、酸素療法、薬物療法、栄養管理なども含まれ、プログラムに協力するのは、医師(Dr)、看護師、理学療法士(PT)、薬剤師、栄養士などです。


対象疾患はつぎのとおりです

1)慢性閉塞性肺疾患(COPD)肺気腫、気管支拡張症、気管支喘息など
(空気の通り道が何らかの障害により狭くなり、息が吐き出しにくい。)
  薬物療法や排痰法を中心に、呼吸訓練や運動療法を行います。

2)拘束性肺疾患 肺結核後遺症など
  (肺が硬くなり、よく膨らんだり 縮んだりしにくくなる。)

  リラクセーションや胸郭の柔軟性の改善をはかり、効率的な呼吸法を獲得し、運動療法を行います。


呼吸理学療法は主に次の4つです

@リラクセーション

   全身の過度な筋緊張や精神的なイライラ感を取り除きます。

A排痰訓練(気道のクリーニング) 体位排痰法と自己排痰法
    気道内の余分な痰を出し、息切れの軽減と感染の予防を行います。排痰法の目標は、決まった時間に自分で排痰を行うことにより、それ以外の時間に咳や痰で苦しむことがない状態になることです。

B呼吸訓練
 1)口すぼめ呼吸


 2)腹式呼吸(横隔膜呼吸)
   吸気で横隔膜を使って、肺を膨らませます。胸式呼吸では、重い肋骨を持ち上げて肺を膨らませるので呼吸効率があまりよくありません。

C運動療法
   上記の@ABの訓練で、息切れ、咳、痰の自己コントロールを可能にし、必要であれば、酸素療法を併用しながら、呼吸体操や適度な運動を行っていきます。





運動リハビリテーション


運動リハビリテーションとは

運動は心臓・肺の機能も強化し、肥満を改善します。血糖や血圧を下げ、コレステロールを調整する効果もありますので、成人病の予防・治療にも有効です。




心臓リハビリテーション

心臓リハビリテーションとは

これまで心不全や開心術後の治療は安静と薬物療法が中心でしたが、適度な運動による治療の有用性が評価されるようになり、日本循環器学会でも運動療法のガイドラインが作成されました。特に適切な負荷量を精密に算定することが重要です。そのためには運動負荷による心肺機能検査(呼気ガス分析検査)の実施がポイントとなります。当院では呼気ガス分析検査器械を導入し、また、スタッフ、設備、リハビリ器具、及びプログラムを整備し、安全で有効なリハビリテーションを実施できるようシステムを整えました。
適切な心臓リハビリテーションの実施により、患者様の運動耐用能、QOL、予後の改善を最大限期待できます。

リハビリテーション

適応 開始時期 入院期間
慢性心不全
狭心症
開心術後
急性心筋梗塞慢性期
急性心不全症状安定後1週間以内
急性症状安定後
室内歩行開始後
室内歩行開始後
2〜4週間
 
リハビリテーション・メニュー

◎有酸素運動  エルゴメータ トレッドミル ウオーキング
◎レジスタンストレーニング 筋肉トレーニング
◎ストレッチング



施設・設備

リハビリテーション室
リハビリテーション室

リハビリテーション室
リハビリテーション室

運動負荷心肺機能検査機器
運動負荷心肺機能
検査機器
病室
病室




心臓リハビリテーション入院計画(21日間)

pdf

※画像をクリックすると拡大画面(PDFファイル)でご覧になれます。



スタッフ紹介

staff
循環器専門医
高岡 茂
staff
理学療法士
假屋 礼子
staff
臨床検査技師
内山 眞紀
staff
臨床検査技師
田嶋 綾